2016年8月2日火曜日

中央ヨーロッパとおまけロンドン 11日目

ウィーンをとっても気に入ってしまった私たち親子。
片時たりとも時間を無駄にできません。 でも、旅もすでに11日目。 疲れも出てきてます。
なので計画的にサクサク行くことに。

この日の見学予定個所は…

「ホーフブルグ宮殿」の王宮博物館、銀食器のコレクション、シシーミュージアムの見学。
「カフェデーメル」でザッハートルテを食べる
「シュテファン寺院」見学
「お土産の購入」 ザッハートルテ、その他・・・・。
「自然科学博物館」見学
「ホテル近くのレストランのテラス席で夕食」


まずはホーフブルグ宮殿
宮殿内の施設に入らなければ入場は無料。
私たち親子はウィーンパスを使って宮殿内の博物館、銀食器コレクション、シシーミュージアムを見学。
前日にシェーンブルンで豪華さへの免疫はついていたつもりでしたが、やはり圧巻。


キッチン用品の大好きな私。 かつて宮殿で使われていた製菓道具にもう目がハート。
お手入れもきちんとされていて本当に素敵。 
コレクションの中にはこういった道具類はもちろん、テーブルウェアが大量にありました。
その中で私たち親子が気になったのはナプキンのたたみ方。 
ものすごーい昔、25年以上前・・・ホテルの結婚式場で働いていた時に大量のナプキンをたたみましたよ。  でも、宮殿でのナプキンのたたみ方は門外不出だそう。 うーん、折り紙の達人ならいけそうだけど。


宮殿で思ったよりも時間を使ってしまった私たち。
おなかがすいたのでカフェデーメルへ直行。  デーメルといえば、ザッハートルテ。サッチャーホテルと元祖を争ったお相手のカフェ。
スープとサラダのお昼のあと、ザッハートルテとチーズケーキをいただきました。
チーズケーキ激うま!!! ザッハーのほうは・・・うーん、個人的な意見ですがサッチャーのほうが好みかな。
ここでのケーキは、たくさん並んでいるケーキの中からこれを店で食べるといって商品名を書いた紙をもらいます。 それをテーブルでオーダーの時に店の人に渡すと持ってきてくれるスタイルでした。


おなかがいっぱいになって元気になった私たち。 前日にミサがあって見学ができなかったシュテファン寺院へ。
残念ながら、寺院の祭壇前にまで行くには有料でウィーンパスは使えませんがせっかくなので見学してきました。 



寺院の中で唯一、ウィーンパスで入れるのが寺院の入り口わきにある小さなドアの向こう。
ものすごい小さなエレベーターで上に上がると寺院内を見下ろせる小さな部屋がありそこには
寺院のお宝と聖人の聖遺物(つまり遺骨)がずらーっと・・・。
誰が、誰の聖遺物かは不明ですが、すごい数。 なかには丸々一体分。 ひぇ~~。



寺院を見て、お土産を買って、時計を見るともう4時半。
途中で退場してもかまわない、ということで最後に向かったのは自然科学博物館
歴史美術館の反対側に建っています。 日本の上野の科学博物館が大好きな娘ちゃん。
そのウィーンバージョン?と思いつつ中に入ってみるとものすごい剥製コレクション。
しかも、それが収められているケースのガラスがどう見ても最近のものではなく波打っていました。
これって、もしかして戦火から逃れた? すごいよ。


剥製に心躍らせる娘ちゃんを横目にものすごい数の鉱物に心躍ってしまった私。
巨大なシトリン、触りたーい!!
 
駆け足だったけど、ウィーンパスのおかげでいろいろなところを見学できて大満足だった私たち。
最後の夜はホテル近くで見つけた小さなレストランがいくつも並ぶ路地裏の素敵なお店のテラスでディナー。 それまで二人でメイン1つをシェアしてきた私たち。 この日は前菜抜きでメインを
それぞれいただきました。
 
ウィーン、本当に素敵な街でした。
もう一回、今度はもっとのんびり行きたいなぁ。

0 件のコメント: